健康診断時の注意

健康診断といっても、いろんな種類があるそうです。

病気の診断を正確にするために、身体に負担になるような検査もあるそうです。

このようなときは、あらかじめ説明があるかと思います。説明で納得が出来なかったら検査を止めるということもあっていいそうです。検査といってもインフォームドコンセントは重要だと思います。

健康診断での検査はほとんど安全だとは思いますが、それでもトラブルがあったりするそうです。

健康診断で使用する薬に対する過敏症の問題があるそうです。また、X線検査では造影剤を使う場合もあるそうなのですが、造影剤にアレルギーを持っている人もいるので注意が必要だそうです。

内視鏡検査でも局所麻酔を使ったりするそうですが、これに対するアレルギーがある人もいるそうです。

また緑内障や前立腺肥大の人が使用しない方がいい抗コリン剤という消化管の内視鏡検査のときに使用する薬剤もあるそうです。

これらのことは問診票で問われるので、しっかりと正確に記入することが大切だそうです。

特に過去に造影剤や薬剤でアレルギー反応が出たということは、きちんと伝えるようにしてほしいそうです。

さらに妊娠の可能性のある場合は、絶対に知らせてほしいそうです。妊娠中に受けるべきではない検査もあるそうなので、急がない場合は、妊娠中の健康診断は避ける方がいいそうです。

検査当日の薬の服用の件は相談して欲しいそうです。薬を中断してはいけない場合もあるので、自己診断はくれぐれも止めて欲しいそうです。

磁気を利用したMRI検査は、心臓ペースメーカをつけている人は受けることはできないそうです。これは事前に知らせ必要があるそうです。

検査を受けるときはリラックスできる衣服がいいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です