細胞診で病気を推定する

細胞診というのは、剥離細胞診といって、からだのなかから剥がれ落ちてきた細胞を顕微鏡で観察することから始まったものだそうです。たんと尿がその代表だそうです。ふだんは細胞があまり剥がれないところでも、見えるところは綿棒などで細胞をこすり取ってくる方法が考え出されたそうです。これは擦過細胞診だそうです。婦人科健診での子宮頸部の検査などでおこなわれるそうです。細胞診というのは、患者への負担が少ないということで、症状がなくても病気の早期発見のためにおこなわれることが多いそうです。さらに見えない部位の細胞診を行うために考えられたのが、穿刺吸引細胞診といって、血液検査のように注射針をさして細胞を吸引する方法だそうです。これはそれほど簡単というわけにはいかないそうです。針を使うので痛かったり血が出たりするようですが、メスで切開したりするよりは傷は小さくて済むということで患者の負担は少ないといえるようです。これは甲状腺がんと乳がんの検査が代表だそうです。他にも液状化細胞診というものがあるそうですが、これは細胞を採取したあとの処理方法が違うだけで、検体の手法は変わらないそうです。どの方法でも目的の場所から細胞が十分に採取できているならば、生検に劣らない確かさで良性か悪性、あるいはがんの種類まで診断が可能になるそうです。ただ、はやり生検よりは得られる情報は少ないそうです。また診断も難しいそうです。細胞が診断不可能なぐらいしか取れていないという検体も多いそうです。また得られた細胞も形が崩れていたりして判定が難しいこともあるそうです。そのため細胞診の診断は検体が適切か不適切かをまず表すそうです。細胞診の結果は他の検査とあわせて総合的に判断すべきだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です