女性の生活習慣病

女性の生活習慣病は、男性の生活習慣病とは違う意味があります。なぜなら、女性の生活習慣病は発生する原因は、男性のとは少々異なるためです。

この文章では、女性の生活習慣病について解説していきます。
女性の場合、30代40代ではほとんど生活習慣病にかかりませんが、50代になると生活習慣病になる方が一気に増えます。

なぜなら、女性ホルモンの分泌量が減少するからです。女性ホルモンは、実は、動脈硬化や内臓脂肪の蓄積など、生活習慣病の原因となることを抑える働きがあるからです。

つまり、更年期の女性は、生活習慣病のリスクが非常に高いと言えます。更年期の女性の生活習慣病の症状として、肥満になりやすくなり、。血圧も高くなりやすくなり、糖尿病にもかかりやすくなります。

また、生活習慣病以外にも、骨粗鬆症や甲状腺疾患なども多く見られます。生活習慣病にならないためには、更年期だと自覚した時、予防検診を受けることが重要です。

体の中の様々な部分を検診し、異常がないか確認してくれます。そのため、病気になったとしても、早期に発見し、治療してくれます。定期的に検診し、安心して生活を送りましょう。

食事の正しい栄養バランスとは

食事はバランス良くとることが大切だと誰もが分かっていますが、体に良いとされる食材、食べ方や食べる順番など、様々な情報が溢れていて何を信じればいいのか悩む人も少なくないでしょう。体に良いものや、具体的な症状や病気に有効とされる食材でも、大量に摂取すればいいというものではないので注意が必要です。主食であれば白米よりも玄米や雑穀米、食パンよりも全粒粉のパンがおすすめです。たんぱく質では加工肉を控え、豆類やナッツやくるみも積極的に摂るようにしましょう。ビタミンや食物繊維の摂取に野菜から食べ始めるのは理に適っていて、満腹感を得やすく血糖値の急激な上昇を抑える効果もあります。ただし、野菜ジュースはこうした観点から見るとあまり適していないので控えた方が安心です。食物繊維が豊富でカロリーも気にならない海藻やこんにゃく、キノコ類も取り入れつつ、無理のない範囲での食事を意識して続けていくことが大切です。

糖尿病のサイン

糖尿病の専門医のなかには、糖尿病の初期の段階におきまして病気のサインが、具体的に患者さんの本人の日常生活に影響を及ぼすものであれば良いのにと述べる医師たちもいるようなのです。

糖尿病を発症した際、多くの患者さんはその病気のサインを見過ごしやすいと言われているようなのです。糖尿病を発症した当初、患者さんたちには目立った具体的な病気の症状があらわれないのが、糖尿病の特徴であるとも言われているようなのです。

糖尿病の予防のためには、定期的な健康診断や皆さん自身の体調へのセルフチェックが重要な鍵を握ってくるとも考えられているようなのです。

糖尿病の典型的な症状のあらわれ方としては、喉の渇き、皮膚のかゆみ、体重の減少などがあげられるようなのです。

ロキソプロフェンとチアラミド

ロキソプロフェンとチアラミドはどちらもNSAIDsに分類される薬です。チアラミドはロキソプロフェンに比べて胃粘膜障害が軽度でアスピリン喘息も起こしにくいなど、副作用の少ない薬という特徴があります。しかし、チアラミドは効き目も弱く、解熱効果もほとんどないため、チアラミドは何らかの事情がありロキソプロフェンが使えない患者さんに使うのが一般的です。ロキソプロフェンはシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することによって痛みや炎症、発熱を抑制します。チアラミドにはこのCOX阻害作用がなく、炎症部位のヒスタミンやセロトニンを抑制することによって炎症を抑え、それにより鎮痛作用を示します。ロキソプロフェンとチアラミドを直接比較した試験はありませんが、一般的にロキソニンなどCOX阻害作用によって得られる効果の方が強力であり、チアラミドの作用は穏やかであると言われています。

ステロイド点鼻薬の違い

フルチカゾン、モメタゾン、デキサメタゾンは全て1日1回のステロイド点鼻薬で、花粉症等の鼻炎に用いられます。フルチカゾンは鼻炎だけでなく眼の症状にも適応があり、モメタゾンは全身作用が少ないため、長期使用が可能です。また、デキサメタゾンは添加物が入っていないため刺激が少なく、鼻の粘膜が過敏な状態でも使えることや、粉末薬のため液垂れの心配がないことが長所です。鼻炎に対するこれらの薬の効果に大きな差はないため、デバイスの使いやすさから選ぶこともありますが、子供の場合は年齢によって使用できる薬が限られることに薬剤師は注意が必要です。フルチカゾンは他のステロイドと比べて受容体への結合力が最大で、そのため鼻・眼反射を介して眼のかゆみや赤み、涙といった眼症状に対して効果があることが知られています。また、点鼻薬がどれくらい鼻以外の場所に作用するのか、という副作用を示す指標として、血中に取り込まれて利用される薬の割合を示すバイオアベイラビリティがあります。点鼻薬のバイオアベイラビリティは総じて低値ですが、モメタゾンは0.2%以下と最も低く、長期使用でも副作用が少ないという特徴があります。デキサメタゾンは保存料や防腐剤を使わない粉末薬です。鼻炎ですでに粘膜が過敏になった状態で使う場合には、こうした添加物が入っていない薬を使うことで、鼻粘膜を刺激して悪化させることなく治療することが可能です。

ATLウイルス抗体

成人T細胞白血病(ATL)という病気があります。リンパ球の内のT細胞が腫瘍化した白血病で、主に40代以上の人に多く発症します。日本で初めて発見された白血病がこの成人T細胞白血病(ATL)になります。ATLウイルスの感染が原因で、感染経路は輸血や母乳、性接触などが挙げられます。ATLウイルスの抗体検査は、基本的にHIV検査と同様にスクリーニング検査と確認検査の2段階で行われます。スクリーニング検査では、粒子凝集法、エライザ法・EIA法・CLEA法があり、血清中にHTLV-Ⅰに対する抗体が出来れいないかどうかを確認します。陽性と判定が出たら、ATLウイルスが感染しているという事になり、治療を行っていきます

腫瘍マーカーが基準値内だからといって、がんの存在が完全否定されたというわけではない

ただ、腫瘍マーカーのレベルは慢性肝障害・腎障害・呼吸器の慢性炎症・閉塞性黄疸・高血圧などで上昇する事があるため注意が必要です。この場合、がんに対する治療とは無関係に腫瘍マーカーが一定レベルで高値を示していたり、肝障害・腎障害・炎症・血糖値などの改善と一致して腫瘍マーカーの値が低下していく事で本当のがんによる反応なのかどうかある程度判別する事が出来ます。腫瘍マーカーが基準値を超えたといっても、そのままがんの存在を意味するものではありません。腫瘍マーカーレベルに影響する因子というのは数多くあり、マーカー値の僅かな変動は誤差範囲内という場合もあります。逆に、腫瘍マーカーが基準値内だからといって、がんの存在が完全否定されたというわけではありません。

難聴・中耳炎

今回は耳の病気にスポットを当てて、具体的にどのような病気があるのか、症状や治療について知っていきましょう。耳(外耳・中耳・内耳)の病気においてよくみられる症状は、聴力の低下(難聴)だと言えます。耳垢が充満し、外耳道に栓がされてしまう耳垢塞栓によっても聴力が低下します。中耳の病気として多いものは急性中耳炎や慢性中耳炎があげられるでしょう。前者の急性中耳炎は、耳管を経由して中耳に急性の感染が引き起こされた状態です。小児にしばしば見られます。また、小児では中耳に液体が貯留したままの状態になる進出生中耳炎が起こりやすいのです。鼓膜に孔があいて感染を繰り返す状態になると慢性中耳炎と診断されます。中でも真珠腫生中耳炎というのは中耳を破壊する事で進行していく疾患になります。

アメリカでインフルエンザが流行する理由

アメリカはそもそも医療費が高いのです。診療所によりけりですが、診療費2000ドル以上・処方箋100ドル以上・薬局で50~100ドル・入院1泊で1000ドル(よくホテルのスイートルームに例えられます)・外科手術で相場が5000ドルというように、医療費はかなり高いのです。こういった背景も相まって、病気になっても簡単には病院へ行かない、いや、行けないというのが現状だと言えます。また、仮にインフルエンザの疑いがあったとしても、基本的に予約が必要となってしまう為数日後の診断となってしまうのです。医療費という問題に加え、アメリカの収入格差の問題そしてインフルエンザ流行の予測に失敗したという点も、インフルエンザ大流行の要因となっているように思います。

鉄(Fe)

酸素は、赤血球の中のヘモグロビンと結合する事によって全身へと運ばれています。ここで重要となっている成分が鉄です。また、この鉄は生体のエネルギー代謝に必要な金属でもあります。血液中の鉄、血清鉄とも言いますが、複雑なバランス機構によって制御されていて、一番多い異常は鉄の体外喪失による血清鉄低値になります。

若い女性を中心として鉄欠乏の有する人はとても多く、その結果鉄欠乏性貧血を起こす事があるのです。一方で、高齢者での鉄欠乏では消化管からの出血による場合があり、精査の過程で悪い病気が見つかるという事もあります。成長期や妊娠時は鉄需要が増える為、明らかな病気がなくとも血清鉄が低値なっているという事があります。

血清鉄を調べるという事によって、身体の鉄欠乏あるいは鉄過剰を推測する事が可能です。つまり、鉄代謝異常の診断に役立てられます。また、総鉄結合能・不飽和鉄結合能の測定により、その原因に関する情報も得られます。血中には鉄を運んでくれるトランスフェリンというタンパクが存在しています。

総鉄結合能は、このトランスフェリンと結合する鉄の量と考えて、よく「総鉄結合能=鉄+不飽和鉄結合能」となります。鉄と総鉄結合能の比率を飽和指数と言い、鉄欠乏性貧血の場合には低値に、鉄過剰症などでは高値になります。