AST・ALTが異常値のときの対処について

AST・ALTは大体同じレベルで上昇するそうです。ただ、基準値が若干異なるそうです。

しかし、病気によっては、上昇の程度に差がある場合もあるそうです。


脂肪肝では、多くの場合ASTよりALTの上昇が上回るそうです。逆に肝硬変やアルコール性の肝臓病では、ASTの上昇の方が上回るそうです。

また筋肉や血球に含まれる量はASTの方が多いそうで、心筋梗塞や筋肉の疾患、溶血性貧血ではASTの上昇が目立つことになるそうです。ASTやALTは多くの場合、肝臓が障害されていることを示しているそうです。

日本で肝臓障害の原因としてもっとも問題になっているのが、B型肝炎とC型肝炎だそうです。ともに徐々に病気が進行するもので、慢性肝炎になることが多いそうです。この場合、病気が進行しない限り、自覚症状がないそうです。そのため、AST・ALT値の異常が病気をとても重要な知る手がかりとなるそうです。

人間ドックや健康診断でAST・ALTの異常が発見されたら、自覚症状があろうとなかろうと、とにかく医療機関を受診してほしいそうです。AST・ALT値がなぜ上昇しているのかの原因を突き止めることが大変重要だそうです。


肝臓病というのは、その原因によって治療方法が異なったりするそうです。また病気の進行具合もかなり異なるそうです。B型肝炎やC型肝炎のウィルス性肝炎は、ウィルスの量を減らしたり排除したりということが可能な抗ウィルス薬が開発されているそうです。そのため、以前に比べると治療法が飛躍的に進歩しているといえるそうです。早い時期に病気の存在を知り、早く治療を始めるということで予後が大きく改善されるといえるそうです。


アルコール性や薬剤性の肝障害も症状がないことが少なくないそうです。これもAST・ALT値の異常によって病気の存在を知ることができるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です